教員紹介


教 授   市 川 和 彦 (幼児教育学科)
■ 専門領域 (詳細情報)
障がい児保育、発達障害児療育、障がい者福祉論
担当科目
障がい者福祉論保育者論障がい児保育幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱ教職・保育実践演習保育実習1a(施設実習)保育実習指導1a(施設実習)保育実習Ⅲ(施設実習)保育実習指導Ⅲ(施設実習)発達障害幼児療育法特別演習(市川)、 

■ ゼミ活動
ゼミでは各学生の関心あるテーマで卒論を作成する他、余暇活動支援センター“ふらっと”共催のもと短大の体育館を使って”ふらっとフェスタ”を開催しています。ゴスペル演奏やダンス、ビンゴ、イモ煮会など様々な余暇活動の企画をしています。コメント
特に自閉症スペクトラムなどの発達障害児者との関わり方について関心があります。「触れる関わり」や「シンクロダンス」などの非言語コミュニケーション普及に頑張っています。また、援助者による虐待の問題、事例検討やロールプレイを用いた虐待防止プログラム、援助者のアンガーマネジメント、行動障害のあるお子さんへの支援についても関心があります。障害のある人もない人も普通に共に生活する共生社会、そして温かい安心できる場所をつくりたい。そのためには人の痛みや喜びを自分の痛みや喜びとして共有することのできる豊かな感性を持つ人が求められています。豊かな自然に抱かれた会津での2年間の学びを通してそのことを学んでいただきたいと思っています。
■ 受験生へのメッセージ
一生付き合える友人やなんでも相談できる先生、辛いときに思い出せる学生時代の思い出の数々、学ぶことの楽しさ、これらはあなたの一生の財産になります。会津短大はそれらの舞台としてふさわしい場です。期待と夢とともにぜひ会津短大に入学されることを願っています。

 

教 授   渡 辺 一 弘  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
幼児教育学、保育学、教育社会学
担当科目
保育原理保育者論教育・保育課程論教職・保育実践演習保育実習Ⅰb保育実習指導Ⅰb保育実習Ⅱ保育実習指導Ⅱ教育実習教育実習指導幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱ特別演習(渡辺)
■ ゼミ活動
渡辺一弘ゼミは、昨年度は、ゼミ生が一人ということもあり、ゼミ生の希望テーマである公立短期大学の研究を行いました。具体的な内容については、日本の公立短期大学の現状を調べ、アメリカの短期大学の成り立ち等についても文献講読を行いこれらを踏まえて会津大学短期大学部社会福祉学科・幼児教育学科の学生への意識調査を行い、データの分析・検討を行いました。今年度も、これまでと同様に、社会学の手法を中心に、歴史学、教育学、保育学等の方法論も学び、それらの手法を用いて子ども、家族、社会等に関する興味のあるテーマについて、調査・研究を行います。そしてその結果を検討・考察し、グループ発表を行う予定です。
■ コメント
現在取り組みつつある研究テーマは、地域の保育施設の実践史研究、戦後の日本の農村で行われ た幼児教育(季節託児所や保育所)や生活改良普及員の社会福祉・児童福祉活動に関する調査研究等です。大学における「知」といったものの根本は、本来流行や風潮に左右されず、人間としての人格の土台作りであり、フィロソフィーとアイデンティティーの確立です。特に保育や幼児教育、社会福祉に関する専攻の学生にとっては、そのような「知」を学ぶことで、将来現場で子どもたちや利用する人と接する際に、マニュアル的なではない自然な形で身に付いた倫理観、道徳観、シチズンシップ等を教えることができるはずだと考えます。教養的な基礎科目であれ、専門科目であれ、上記のような「知」を学生たちに体感させながら共に学んで行きたいと思います。
■ 受験生へのメッセージ
いろいろな経験をしてください。失敗をしてもいいでしょう。無駄なことをたくさんやることも大事なことです。苦しくてもコツコツと頑張ることも必要です。いろいろな経験を通して、人間として成長していく学生を見ると嬉しくなります。またそのような学生と接したり、サポートできることが教員としての一番の楽しみです。

 

教 授   郭   小 蘭  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
発達心理学、臨床心理学、保育学
担当科目
保育の心理学Ⅰ保育の心理学Ⅱ幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱ乳児保育保育実習Ⅰa保育実習Ⅰb保育実習指導Ⅰb保育実習Ⅱ保育実習指導Ⅱ幼児理解と教育相談特別演習(郭)
■ ゼミ活動
郭ゼミの内容は布素材の手作り遊具の製作研究です。教員は教材提供や保育・幼児教育現場との連絡調整などをして学習環境を作ります。また、校内ではゼミ生の自己主導的な学習活動を見守りつつ、一緒に思案し、ディスカッションをして製作研究を指導していきます。それから学外では、ゼミ生が製作した布遊具を使って保育・幼児教育現場で実践して布遊具の適性を検証します。
一年間のゼミ活動の中で、ゼミ生は環境設定に関する実践的な知識の取得、手作り遊具の製作体験、実習以外の現場での擬似保育体験などができます。私はゼミ生の保育実践力の向上を期待しています。一年間のゼミの時間は忙しくそして有意義なものです。
■ コメント
「子どもの目線で子どもの話に耳を傾け、子どもの行動をこころの動きを推察しながら肯定的に読み取ることが大切です。このことを少人数教育で深く学べてよかった」という卒業生の言葉を聴いたときに大変うれしかったです。学生が好きです。
■ 受験生へのメッセージ
「会津大学短期大学部の学生は素朴で心優しいです。是非うちに就職してほしい」と現場からの声を聞く度に、私は学生自身の素質と努力に感謝する気持ちになります。私は学生一人ひとりに丁寧に接してともに考え、楽しく学ぶのが好きです。みなさんとの出会いを楽しみにしております。

 

教 授   河原田 潤  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
幼児音楽・器楽合奏・音楽理論
担当科目
音楽Ⅰa音楽Ⅰb音楽Ⅱa音楽Ⅱb音楽Ⅲa音楽Ⅲb表現Ⅰa表現Ⅰb幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱ教職・保育実践演習保育実習Ⅰa保育実習Ⅰb保育実習指導Ⅰb保育実習Ⅱ保育実習指導Ⅱ特別演習(河原田)
■ 活動
各種「コンサート」を開催して、出演・演奏します。その際、音楽的な技術やアンサンブルの向上はもちろんのこと、企画・運営も一緒に行って舞台スタッフとしての仕事も学びます。コメント
子どもが園で歌った歌を、お家に帰ってから家族に口ずさんで教えてくれる姿を思い浮かべてみてください。また子どもが楽器で良い音を奏でて、自ら自分の音にビックリしている姿を思い浮かべてみてください。子どもにとっての「音楽」は、ひたすら楽しいものであり、新しい発見を見出す喜びに満ち溢れているのです。たとえ大人になって「音楽」が苦手になった人も、カラオケ等で盛り上がるほど、実は「音楽」を好きなのです(笑)ぜひ!「音楽」の楽しさを子どもと共有出来るように、一緒に自分自身が楽しみましょう!!
■ 受験生へのメッセージ
「先生」という言われる職業は数あれど、その中で保育園・幼稚園の「先生」という立場は一番重要であると思います。それは幼少時に経験することが、その人の一生を左右するきっかけになることも多いからです。そのような大事な仕事こそ、やりがいがあって魅力的な仕事だと思いませんか?ぜひ情熱を持って一緒に幼児教育の勉強をしましょう!

 

准教授   久 保 美由紀  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
地域福祉・高齢者福祉
担当科目
高齢者福祉論地域福祉論介護福祉論社会調査の基礎幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱソーシャルワーク演習ソーシャルワーク実習指導Ⅰソーシャルワーク実習指導Ⅱ(久保)ソーシャルワーク実習(久保)特別演習(久保)社会福祉概論
■ ゼミ活動
同じことに取り組んでいても、同じ場面に居合わせても何を感じ、何を学ぶのかは人それぞれです。対人援助にかかわる際には、まず「気づく」ことが大切です。その上で「気づき」から考えていくこと、実践していくことが対人援助職のスキルとして必要になります。フットワーク軽くフィールドで体験的に学習しながら、多くの「気づき」と「思考」、「実践」ができる場になるように学生と進めていきたいと思います。
■ コメント
器用でなくてもいい。自分が何をなすべきなのか考え取り組んでいきたいと思っています。
■ 受験生へのメッセージ
「どこ」で学ぶのかは、たまたまそこだったという結果にしか過ぎないかもしれません。「どのように」学ぶのかが重要なことではないですか?

 

講 師   木 村 淳 也  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
ソーシャルワーク
担当科目
ソーシャルワークⅠソーシャルワークⅡソーシャルワークⅢ幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱ幼児理解と教育相談保育実習Ⅰa保育実習Ⅰbソーシャルワーク実習指導Ⅰソーシャルワーク実習指導Ⅱ(木村)ソーシャルワーク演習相談援助ソーシャルワーク実習(木村)特別演習(木村)
■ ゼミ活動
学生が抱く問題意識を大切にテーマを設定し、ゼミのメンバーで議論を重ね卒業研究をまとめます。コメント
主に援助場面における専門的援助関係の形成について関心があります。
■ 受験生へのメッセージ
受験生の皆さん。会津短大で共に学びましょう。お待ちしています。

 

講 師   鈴 木 勲  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
子ども家庭福祉
担当科目
社会的養護社会的養護内容児童家庭福祉幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱ保育実習1a保育実習指導Ⅰa保育実習Ⅲ保育実習指導Ⅲソーシャルワーク演習ソーシャルワーク実習指導Ⅰソーシャルワーク実習指導Ⅱソーシャルワーク実習特別演習(鈴木勲)現代社会と福祉
■ ゼミ活動
保育・福祉が直面している今日的な課題をさまざまな角度から取り上げ、文献購読やVTR視聴、実地見学などをもとに、保育者の資質として必要な基礎的事項を追究していくことを目標にしています。また、各自の研究テーマにそった研究論文の指導を中心にゼミを展開していくことを予定しています。
■ コメント
児童相談所に併設されている一時保護所の調査や社会的養護領域の研究を行っています。
■ 受験生へのメッセージ
どんな保育士になりたいのか、子どもに何を伝えたいのか、そのためにはどのようにすればよいのかを深く考え、何らかの目的を持って入学されることを望んでいます。

 

講 師   渡 部 琢 也  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
発育発達学、運動生理学、トレーニング科学
担当科目
体育Ⅰ体育Ⅱ幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱ健康表現Ⅰa教職・保育実践演習表現Ⅰb保育実習Ⅰa保育実習指導1a保育実習Ⅰb保育実習指導1b保育実習Ⅱ教育実習教育実習指導、 復興支援特別演習Ⅰ・Ⅱ、 子ども実践演習Ⅰ子ども実践演習Ⅱ特別演習(渡部)運動技術Ⅰ運動技術Ⅲコンピュータと情報
■ ゼミ活動
特別演習の主なテーマ
①発育期における運動や運動の習得の特徴を理解し、子どもたちが身体を動かすことが好きになれるような保育士を目指す。
②幼児期における体格および体力・運動能力について理解を深め、実際に測定を行えるように学ぶ。
③成人期および高齢期における体力の特徴と体力の測定法についても理解する。 自分自身の健康や体力についてもコントロールできるように学習する。
主なテーマを中心に考えていますが以下に示す内容についても取り組みます。
①保育士だけでなく、幼稚園教諭や小学校教諭等を目指し、教育系4年制大学への編入希望学生に対しても対応します。
②卒業研究は短期大学を卒業した保育士として社会に貢献できる人材となれるよう、自分自身でテーマを決め取り組んで欲しい。
③受講生の皆さんの学びたい内容に対して柔軟に対応していきたいと考えています。
■ コメント
私は会津出身です。グローバルに物事を考えつつ、地域も大事に研究・教育活動を行っていきたいと考えています。
■ 受験生へのメッセージ
会津の地で共に学んでいきましょう。

 

講 師   葉 山 亮 三  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
造形教育
担当科目
図画工作Ⅰ図画工作Ⅱ表現Ⅰa表現Ⅰb教職・保育実践演習幼児教育基礎演習1幼児教育基礎演習2教育実習教育実習指導特別演習(葉山)
■ ゼミ活動
絵を描く、ものを作る。このような造形教育の方法、教材を学生と共に考え、実践します。そして活動に合わせて論文を作成します。
■ コメント
手を使って何かを作る、描く。行為が形に残るのがものづくりの楽しさです。これを普及していく造形教育を研究していきます。
■ 受験生へのメッセージ
大学は学ぶところ。私もまだまだ勉強中です。一緒に勉強しましょう。その日を楽しみに、お待ちしております。

 

講 師   櫻 井 直 輝  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
教育行財政学
担当科目
教育制度論幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱ保育実習Ⅰa保育実習指導Ⅰa保育実習Ⅰb保育実習指導Ⅰb保育実習Ⅱ保育実習指導Ⅱ保育実習Ⅲ保育実習指導Ⅲ教職・保育実践演習特別演習(櫻井)栄養情報処理(応用)
■ ゼミ活動
学生の皆さんの関心に合わせて展開したいと思っています。秋にインカレゼミへの参加(2016年は山梨大学)を予定しています。
■ コメント
現代日本の教育財政制度の機能や運用実態に関心があります。出身は千葉県です。部屋にいるときは,気軽に声をかけてください。
■ 受験生へのメッセージ
色々なことに興味・関心を持てると短大生活がもっと楽しくなると思います。

 

講 師   五十嵐 啓 太  (幼児教育学科)
専門領域 (詳細情報)
言語学
担当科目
特別演習(五十嵐)幼児教育基礎演習Ⅰ幼児教育基礎演習Ⅱ英語Ⅰ英語Ⅱ英語Ⅲ英語Ⅳ外書講読基礎基礎英語
■ ゼミ活動
子どもの言語獲得をテーマとしたゼミを行っています。このテーマに関して、各学生が自由に問題設定をし、卒業論文を書き上げます。
■ コメント
印象に残る広告表現、インパクトのあるニックネーム、相手の気を引く言い回しなどを対象に、言葉の創造的な使用の仕組みを研究しています。
■ 受験生へのメッセージ
地域・社会に貢献できるよう、入学後は専門知識や学術的な思考方法をしっかりと身に付けましょう。
実習助手   福 地 春 香  (幼児教育学科)
■ 主な業務
教育実習および保育実習、ソーシャルワーク実習のアシスト業務
■ コメント
実習中で得た学びや経験、関わった人々とのコミュニケーションは、自分自身の成長に繋がり、大きな財産になります。皆さんの実習を、全力でサポートいたします。
■ 受験生へのメッセージ
短いと思われがちな2年の短大生活ですが、学びと楽しさで溢れており、充実度が各段に違います。一緒に充実した時間を共有していきましょう。