幼児教育学科でなにを学ぶか

幼児教育学科でなにを学ぶか

公立大学法人である本学では、地域の未来を担う子どもの育成に誇りを持ち、子どもに対する教育的愛情と情熱、使命感を持ち、実践的指導力を有し、かつ、高い倫理観と自律心を持つ教師(保育者)を育てることが第一の使命であると考えています。よって卒業必修科目として「教育原理」「保育原理」「保育内容総論」「保育の心理学」などの教育・保育の基本を学ぶとともに、具体的な子どもへの指導法について学びます。また、「音楽」「図画工作」「体育」「国語」といった教科科目を学びます。これらの教職関連科目は児童養護施設や障がい児施設などの児童福祉施設などの福祉フィールドでも必要とされている学びです。さらに自由科目として社会福祉士受験資格関連科目を履修することも可能で(一定の条件を満たすことが必要です)スクールソーシャルワークなど福祉と教育の連携についても学びます。

幼児教育学科の特色

最新ニュース